卒業式の歌

こんにちは!ヨメです。

本日3月24日、市内の小学校は卒業式が行われ、わが家の次男も卒業の日を迎えました。

長男の在学中も含め10年近くお世話になってきた小学校ですので感慨深いものがあります 。

それに長男卒業時とは違い、次男の卒業により小学校との直接的な関りもほとんどなくなるので少し寂しいです・・・。

さて、皆さんが卒業した小学校ではどんな歌を卒業式に歌いましたか?

「仰げば尊し?」「贈る言葉?」 ←もしかしてこの選択肢自体がすでに古い??(゚Д゚;)

私が卒業した小学校では「卒業式の歌」を歌いました。卒業式に歌う歌だから「卒業式の歌」とそのまんまのタイトルです。(記憶違いだったらごめんなさい!)

” うららかに 春の光が降ってくる 良い日よ 良い日よ 良い日今日は~ ” という歌詞で始まるんですが知っていますか?

社長に聞いたら「知らない」と言っていた。
私の母校だけなのかな?

当時小学生だった私は、一年に一度卒業式の時にだけ歌うこの歌がとても好きでした。

全員で歌うパート、1・2・3年生が歌うパート、4・5年生・卒業生・先生とそれぞれ歌う箇所が分かれていて、「学年が上がったらあのパートが歌えるんだ!」と楽しみにしていました。

全部通して歌うとおそらく10~15分くらいあったと思います。その中でも私は先生たちが歌うパートが特に好きでした。

子どもたちが歌うパートとは違い、少し音程が低く、厳かで、それでいて力強く卒業生たちを送り出してくれる、そんな歌でした。

この記事を書くにあたりYouTubeで探して聞いてみたんですよ。そしたら想像した通り大号泣(笑)

卒業から30年以上経っていますが、今聞いてもやっぱり素敵な歌です(´ω`*)

最後に、本日小学校を卒業する卒業生・ご家族の皆さん!ご卒業おめでとうございます(*´ ꒳`*)/

そして私も卒業式に行ってきまーす!ではまた!

目次